全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

猪丼人気 道の駅

主力メニューの「猪丼」(木族館提供)

 和歌山県田辺市龍神村龍神にある道の駅「木族館」の食堂で、猪(いのしし)丼が人気を呼んでいる。他にも、猪うどんや猪カレーが名物料理になっている。

 猪丼をメニューに加えたのは約4年前。それまでは、キジ肉の丼を出していたが、台風により養殖施設が被害を受けて入荷できなくなった。キジ丼に代わる料理を考えた末、ジビエのイノシシ肉を使った丼を考えたという。その後、イノシシ肉を使ったうどんやカレーもメニューに加えた。
 最近になって口コミで猪丼が話題になり、バイクで訪れる利用客からの注文が増えるなどして、主力料理の一つとして定着したという。
 イノシシ肉は、田辺市上芳養のイノシシ、シカ肉解体処理施設「ひなたの杜」から購入している。イノシシ肉を使った3種類のメニューのうち、一番人気は猪丼(税込み850円)。多くの観光客らが来店した9月の連休中は、1日当たり40食近く出たという。
 久保正博店長(58)は「猪丼は、お客さんが『においがなく食べやすい』と言ってくれる。名物料理として確立した」と話している。

関連記事

「ばんば盛り」でばんえい記念盛り上げ 提供飲食店募集 帯広

 大盛りメニューで“大盛り上げ”を-。ばんえい十勝は、3月21日開催のばんえい最高峰レース「第53回ばんえい記念」(BG1)に合わせ、巨体のばん馬を連想させる大盛りなどのメニューを「ばんば盛り」とし...

豆まき 十勝産で 芽室の落花生 袋詰め作業

 2月2日の「節分」を前に、芽室町産殻付き落花生の袋詰め作業が本格化している。落花生は「十勝グランナッツプロジェクト」のメンバーで、藤井信二さんを中心とする芽室町上伏古地区の農家10軒が生産し...

道内チーズ 今年も集結 藤丸で17日までフェア

 道内の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2021」が14日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。会場は初日からチーズや牛乳などを買い求める人でにぎわっている。17日まで。 ...

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく 新得・音更

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク