全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年から温室栽培が始まった。JA豊橋によると、生産者5人。温室柿研究会をつくり、加温で早く収穫する促成栽培は2人、保温して時期を遅らせる抑制栽培は3人が取り組んでいる。  下条東町の印貢(おしずみ)大起さん方のビニールハウスでは、高さ1~5㍍の木に次郎柿が実っている。色づきを確認して、はさみで切り取って収穫した。印貢さんは「今年は残暑の影響で色づきが遅いが、糖度もあって十分に味わえます」と話した。  収穫と出荷は10月上旬まで続く。

関連記事

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 帯広の平和園

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

「濃い」豆乳飲料できた! 帯広農業高校発「マメトペ+」

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たち...

帯広畜産大学構内に「碧雲蔵」ショップオープン

 帯広畜産大学構内の酒蔵「碧雲蔵」の商品を購入できるショップと蔵内の製造風景を見られる見学室が18日午前、同蔵内でオープンした。同蔵の銘柄のほか、地元の書道家八重柏冬雷さんが手掛けたラベルの書...

カレーパングランプリで最高金賞

豊橋のベーカリーショパン「牛肉ゴロっと匠のカレーパン」  豊橋市と浜松市に店を構えるパン店「ベーカリーショパン」の人気商品「牛肉ゴロっと匠のカレーパン」が、「カレーパングランプリ2020...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク