全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コンテスト 石垣牛に豪快にかぶりつく

石垣島産肉の消費拡大に最も訴求した一枚に選ばれた宮城佳代子さんの写真(アカウント名:irmasmiyagi.kayoko)

 石垣島産肉の消費拡大を図ろうと、昨年10月から写真共有アプリ「インスタグラム」で展開された石垣市の「『平成29年は肉の年』あなたも食べる人になろう企画 #ishigaki29 」コンテストで、宮城佳代子さん(38)=那覇市=の写真が最も訴求力のある一枚として、“インスタ映え”投稿に選ばれた。  宮城さんの応募写真は、久宇良の「展望デッキ・心呼吸」で、島の大自然を背景に石垣牛に豪快にかぶりつく瞬間を捉えたもの。  肉の日の29日午後、八重山商工高校(新城英人校長)で授賞式が行われ、同企画のコーディネーターで石垣市地域おこし協力隊の渡邊義弘さん(42)が賞状を授与。宮城さんは「本当に驚き。石垣牛を食べないと、石垣に来た意味がないと思い撮影した。最高の味でした」と笑顔をみせた。  審査員を務めた(株)イチグスクモードの池城安武代表(37)は「迫力ある写真。口を大きく開けて、美しさよりも魅力がある」と講評し、石垣牛と肉を意味する数字「29」、石垣市章をあしらった肉の年Tシャツをプレゼントした。

関連記事

長野日報社

車中泊旅行の増加期待 下諏訪町赤砂崎公園に電源設置

長野県下諏訪町は、同町赤砂崎公園右岸広場駐車場にキャンピングカー向けの電源設備4基を設置した。3密を避けて旅行ができる車中泊旅行者の増加につなげようと、新型コロナウイルス感染症対応の地方創生臨...

無観客の「豊橋鬼祭」始まる

 国の重要無形民俗文化財「豊橋鬼祭」が10日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社で始まった。新型コロナウイルス対策で、神社内のみでの無観客開催となった。  初日は宵祭で、青鬼出動と岩戸舞。午前1...

児童が「エゴマだんご」開発

設楽名倉小5年生7人  設楽町立名倉小学校の5年生児童7人が、稲作地帯をアピールするため、和菓子「エゴマだんご」を開発した。地元で栽培されるエゴマを、あんや皮に使う。13日から3月31日まで、...

コロナの冬もぬくもりとよろこびを おびひろ氷まつり 29日開幕

 帯広三大祭りの一つ「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が29日、JR帯広駅北側の「夢の北広場」など3会場で開幕する。氷彫刻の制作は大詰めを迎え、バイクや天使、エンゼルフ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク