全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

突然の最終登校日、大荷物抱え下校

 新型コロナウイルスの感染対策で急きょ政府から示された小中高校と特別支援学校の約1カ月間にわたる臨時休校要請に伴い28日は、庄内の多くの学校で本年度最終登校日となった。鶴岡市内では同日午後、大荷物を抱えて下校する児童たちの姿が見られた。

大荷物で下校する児童たち=28日午後、朝暘一小

 市立朝暘第一小学校(中野洋校長)では、下校時間になると昇降口に鍵盤ハーモニカや図工の画材、机の引き出しに入っていたものなどを抱えた児童たちが出てきた。本来荷物は徐々に持ち帰るよう指導されるが、この日に大荷物を抱えることになった。

 突然舞い込んだ長期休みに児童たちは「学校が休みで友達と会えなくて寂しい」「明日から何するか何にも決まっていません」「うちでゲームができるから楽しみ」などとさまざまな反応。春の再会までしばしの別れを惜しみ、あいさつを交わしていた。見送る教員も「クラスでの年度のまとめや振り返りもままならなかった。ただ元気に新年度を迎えられるように願っている」と複雑な様子だった。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク