全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

竹灯りで出迎え 箕輪南宮神社13、14日例祭

柔らかな竹灯りに照らし出された箕輪南宮神社拝殿前

 箕輪町木下の箕輪南宮神社は13、14の両日行う例祭(初祭り)に合わせ、拝殿前を明るく照らす「竹灯り」を飾り付ける。新たな1年を明るくスタートしてほしい―の願いを込め、今年初めて試みた。期間中には呼び物の山車飾りの公開や御筒粥神事など夜間におよぶ行事もあり、多くの参拝を呼び掛けている。

 地元有志3人でつくる竹細工を中心としたアートグループ「篝火プロダクツ」が門松作りと併せて制作、設置。11日夜に、試験点灯した。

 竹灯り飾りは、長さ約70センチ、直径約12センチの大型の竹2本と高さ約15センチ、直径約8センチの小型の竹約60個を使用。大型の竹は表面にドリルで穴を開け、ランプシェード風に仕立てた。いずれもLEDランプを使用し、拝殿前のさい銭箱をはさむように配置されている。

 同神社の禰宜、唐沢光忠さんは「温かな光に囲まれながら参拝し、よい1年のスタートを切ってほしい」と話している。

 例祭に合わせて行う山車飾りは13日が午前9時~午後9時、14日が午前9時~午後3時まで公開。今年の世相と農作物の作柄を占う御筒粥神事は13日午後7時すぎに釜揚げし、その後結果が公表される。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク