全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒメマス稚魚が元気に成長-支笏湖ふ化場

順調にふ化し、成長しているヒメマスの稚魚=支笏湖ヒメマスふ化場

 千歳市支笏湖温泉の支笏湖ヒメマスふ化場で放流用の稚魚が順調に成長している。腹に赤い栄養袋「さいのう」を付け、ふ化槽内を元気いっぱいに泳ぎ回る様子がかわいらしい。湖に放たれるまでの約4カ月間、大切に育てられる。

 支笏湖のヒメマスふ化・増殖事業は、千歳市の委託を受けて支笏湖漁業協同組合が行っている。昨年10月に小型定置網で親魚を捕獲。安定した漁獲量を確保するため5回に分けて約20万粒を採卵した。ふ化場には近くのシリセツナイ川から水を引き込み、水温を約7度に保って管理。1月上旬からふ化しはじめ、現在は体長1~1.3センチの元気な姿を見せている。

 近年は生存率を高めるため放流時期を1カ月遅い6月にしている。今年は18万5000匹が一斉に旅に出る予定だ。支笏湖漁協の担当者は「病気もなく順調に成長しています」と話している。

関連記事

広々新総体 お披露目 29日オープン 帯広

 帯広市は21日、新総合体育館・よつ葉アリーナ十勝(大通北1)を報道機関に公開した。メイン、サブアリーナを合わせてバスケットボールコート4面分を確保、地域コミュニティーや各種イベントの開催拠点...

宇部日報社

「ゆう太」「ゆう子」がスペイン応援衣装

 山口市湯田温泉のマスコットキャラクター「ゆう太」「ゆう子」が20日、亀山町の山口天使幼稚園(上田真由美園長)で、ホストタウンのスペインを応援するために作った衣装を初披露した。年長児88人が、フ...

陸自配備計画 カンムリワシの保全を 市民連絡会が環境省あて要請 繁殖を阻..

 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(共同代表・上原秀政氏ら5人)は20日、「駐屯地建設により、特別天然記念物で絶滅危惧種に指定されているカンムリワ...

長野日報社

高遠の「恵みと癒やし」香りに 高校生が商品化

高遠高校(長野県伊那市)で選択授業「地域の科学」を受講する2年生6人は20日、高遠に自生する香木クロモジと、タカトオコヒガンザクラのエキスを配合した香りの商品「高遠美山の香り」について、今春の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク