全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全国出場の豊川高校男女駅伝部が市長表敬

 来月22日に京都市で開かれる「全国高校駅伝競走大会」に男女そろって出場する豊川高校駅伝部が28日、豊川市役所を訪れ、竹本幸夫市長に都大路での活躍を誓った。  表敬訪問したのは、いずれも3年生で男子主将の鈴木竜太朗さん(18)、女子主将の深澤萌々(もも)さん(18)、石田潤校長と女子監督の平澤元章さん、男子コーチの土屋貴幸さん。  今月10日に一宮市で行われた県予選会で、同校男子は2時間3分48秒で5年連続の6度目の優勝、女子は1時間10分26秒で2年連続11度目の優勝を果たし、昨年に続き都大路へのアベック出場を決めていた。  県予選会では男子は7人中6人が区間賞という圧勝を見せ、全国大会では8位だった昨年よりも上の順位が期待される。鈴木さんは「去年以上に盛り上がりがある。個人的にもチームに勢いを付けられるような走りをして、3位以内、できれば優勝を目指したい」と意気込んだ。  また、昨年6位だった女子は、今年夏までは結果が出ず選手たちも悩んだが、深澤さんは「生徒だけのミーティングもやって、だんだん笑顔が増えてきた。昨年を上回る順位を目指して、最後は笑顔で終わりたい」と見据えた。  竹本市長は「できれば上位に食い込んで、テレビにも映って『豊川』の名を全国に広めてほしい。故障のないようにベストな状態で臨んでほしい」とエールを送った。

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク