全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

田原で「貝の日」イベント

 「貝の日」の8日、田原市伊良湖町の道の駅「伊良湖クリスタルポルト」でイベントが開かれ、貝づくし渥美の加盟店でランチを食べた観光客らが、商品券やアサリのつかみ取りが当たる抽選会に参加した。  ヨンパチ抽選会と銘打って渥美商工会が2年前から行っているもの。指定されたお店でランチを食べると抽選券がもらえ、1万円分の商品券をはじめ、砂出ししないで味わえる「垂下アサリ」のつかみ取り、マスコットキャラクター「かいくん」のオリジナルグッズが当たる。

 会場には、貝づくし渥美広報大使のタレント・小田真奈美さんや、「かいくん」も登場。来場者たちは抽選券を小田さんに渡して参加し、商品をもらっていた。午後1時の開始時には長い行列ができるほどの大盛況だった。  岐阜市から観光で渥美半島に訪れた市橋久子さん(76)は、「広々とした海の絶景が素晴らしい。イベントに参加でき、いい思い出になりました」と話していた。  貝の日は、この時期に多くの貝が旬を迎えることと、漢字の「貝」の上の部分「目」を90度回転させて「四」に、下の部分を「八」に見立て、4月8日に決めた。毎年48キャンペーンを開催し、480円のペア宿泊券や48円ランチが当たる抽選会も行っており、今年は2000通を超える応募があった。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク