全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

木熟みかん最盛期

年明けの「木熟みかん」として出荷するため早生温州ミカンを収穫する農家(9日、田辺市芳養町で)

 和歌山県田辺市芳養町の大坊や団栗地区で、早生温州ミカンの収穫が最盛期を迎えた。木になったまま熟した糖度の高い「木熟みかん」で、品薄状態になる年明け出荷にこだわっている。2月中旬まで続く。
 紀南地方で、極早生の温州ミカンは9月中旬から、早生は10月下旬から収穫が始まり、早生のうち「木熟みかん」は12月に本番を迎える。ほとんどの地区は年内に終わるが、大坊や団栗地区では年明けに最盛期を迎える。
 他地区よりも園地の標高が高いことから気温が低く、育ちが遅いことを逆手に取り、意識的に収穫を遅らせ、年明けに「今が旬」をアピールしている。
 大坊や団栗地区を主に芳養町の栽培農家は78戸あり、ほとんどの農家が年明けに収穫。JA紀南を通じて東北や京浜、中京の市場に出荷している。今季の出荷量は昨季より100トン多い900トンを見込んでいる。
 JA紀南田辺みかん部会長の宮﨑通春さん(54)は今季も12月上旬から収穫を始め、年明けから本格化した。「ここは南向き斜面の日当たりの良い園地なので甘く仕上がる。今季もまずまずの味」と話している。

関連記事

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク