全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

宮田村の日本聴導犬協会 補助犬育成の国際試験で初の最高位 長野県

国際認定試験で最高位の認定証と日本聴導犬協会のスタッフや犬たち

日本聴導犬協会(長野県宮田村、有馬もと会長)は、世界最大規模の補助犬育成団体が行う国際認定試験で最高位となる「ゴールドシール」の認定を受けた。同試験を受けて4度目で初の快挙。補助犬の育成を望むユーザーにとっても、育成団体選択の上で重要な要素になるだけに、協会は「これがスタート。引き続き国際レベルの維持に努めたい」と意欲を新たにしている。

試験を実施しているのは、世界約30カ国、154の補助犬育成団体で構成する国際連合のアシスタンスドッグインターナショナル(ADI)。5年に1回、国際認定の更新試験を行っている。日本聴導犬協会は2006年に初めて試験に合格。国内で唯一のADI国際認定団体となった。

今回の更新試験は米国とニュージーランドの試験官2人が10月30日から3日間の日程で実施。犬の管理全般や、福祉、トレーニング、教育カリキュラム、組織の管理運営、地域活動の状況など詳細な基準に沿い同協会やスタッフ、ユーザー、ボランティアなど計10人を対象に審査した。

この結果、ユーザーによる質の高い訓練や協会内に犬舎を設けず、常に人と犬が一緒に生活する形態、犬の食べ物への配慮、地域との連携などが高く評価され、12月5日付での認定となった。

有馬会長は「補助犬業界全体の質を上げていく上で、国際スタンダードは不可欠。労力的にも費用的にも大変だが、常に質を落とさないよう継続して努力していきたい」と話している。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク