全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

夜の紅葉 幻想的に照らす 長野県駒ケ根市の光前寺

紅葉が始まったばかりの光前寺境内でスタートしたライトアップ

紅葉の色づきが進む長野県駒ケ根市の光前寺で28日夜から、「信州駒ケ根高原もみじまつりライトアップ」が始まった。毎春、同寺の観桜期に合わせてライトアップに取り組む「光前寺のしだれ桜ライトアップ実行委員会」(中山茂房委員長)が企画したもので、秋の実施は3年ぶり4回目。11月13日までの週末を中心に計10日間、赤や黄色に染まった境内のモミジを幻想的に照らし出す。

実行委は地元で観光事業に携わる関係者で組織。桜の名所として光前寺をPRしようと、観桜期にライトアップを続けている。2017年からは同寺の紅葉の美しさに注目し、秋の点灯も始めた。

本堂、県宝の三重塔、こけむした古道などにはスポットライト20基とランタン120基が設置され、紅葉の木々や歴史的建造物を夜の境内に浮かび上がらせている。中山実行委員長は「コロナも落ち着き始めた。県内外の観光客、地元の皆さんにもこぞって1350年の歴史ある寺の景観を楽しんでほしい。昼間とはまた違った表情に出合ってもらえれば」と話している。

点灯は28~30日、11月3~6日、11~13日の午後5時30分~9時。問い合わせは市観光案内所(電話0265・81・7700)へ。

関連記事

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク