全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧東高美術部が商店街シャッターに絵 「夢」テーマ 

JR苫小牧駅前の市道駅前本通にある空き店舗のシャッターに、苫小牧東高校美術部の部員11人が特大の絵を描くプロジェクトを進めている。高校生の絵で商店街を元気に―と商店有志でつくる苫小牧駅前スポーツ振興会(木村司代表幹事)が依頼した。苫小牧のシンボル樽前山やハナショウブを背景に、クジラが青空を飛ぶ幻想的なデザインを構想しており、雪が降る前に描き切りたい考えだ。

シャッターのさびや剝げた塗装を除去する苫東高の美術部員

 9月17日、苫小牧市表町2の北光ビル1階空き店舗前に、シャッターのさびや剝げた塗装を落とす作業に励む美術部員たちの姿があった。シャッターは縦3メートル、横7メートルのジャンボサイズだ。

 この日が作業初日。絵を描く前の準備として受験勉強に忙しい3年生を除く部員5人で、シャッターの約3分の1の下地作業を終えた。部員たちは「早く色を塗りたい」「きれいに仕上げて絵を見た子どもたちに喜んでほしい」と張り切っていた。

 同振興会は「夢」をテーマに、空飛ぶクジラと豊かな自然を描くことを提案。11人の部員全員で、苫小牧らしさを出す方法を協議し9月末までに、3年生の金井咲樹部長(18)と太田綾音副部長(17)の2人が部員らのアイデアを盛り込みデザイン画を完成させた。

 樽前山からせり出すように泳ぐクジラが象徴的に描かれ、青空には白い雲やハクチョウも浮かぶ。地面には紫色のハナショウブやハスカップをちりばめた。

 金井部長は「ファンタジックな感じに合う明るめの配色を心掛けた」と説明。美術部全員で取り組めることを喜び、「閉まる店が増えてしまうのは高校生にはどうにもできないが、まちを少しでも華やかにできたらうれしい。今後、他校の美術部も参加して、カラフルなシャッターが増えていくきっかけになれば」と目を輝かせる。

 美術部顧問の桜庭史也教諭は「めったにできない経験ですごくありがたい。部員たちも成功させようと張り切っている」と期待を込めた。下地処理が終わり次第、同振興会の協力も得て、耐水性塗料で絵を描く作業に入る。天候を見極めながら10月末の完成を目指す。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク