全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東愛知新聞社の記事一覧

読み解いた江戸時代古文書

 古文書の会読を行っている市民グループ「羽田野敬雄研究会」鈴木光保代表が、江戸時代後期の三河吉田藩士で国学者でもあった中山美石うましが旧新居本陣当主飯田昌秀に宛てた書簡を読み解いた「中山美石書簡集...

田原の福江高に観光ビジネスコース

 観光産業を担う人材を育成する観光ビジネスコースが今年度から、田原市の県立福江高校に設置された。25日には初めて実践的な授業があり、コミュニケーションの基本や、礼の練習を同コースを希望する1年生20人...

女性や若者に売り場開設

 新城市内で事業展開をする女性や若者たちに販路拡大の場をと、同市は24日、富永地内の新東名高速道路長篠設楽原パーキングエリアPA下り線施設内にチャレンジスペースを設けた。地元のスギ材を使ったラックを置...

「いま」を大切に生きる

 報道被害の防止・救済に取り組んでいる豊橋出身の河野義行さんが23日、豊橋市内で開かれた豊橋シニアライオンズクラブCN15周年記念の講演会で講師を務め、会員や一般参加者を前に話した。  1994平成6年6月に...

特産物PRに「わんこキャベツ」

 キャベツは豊橋、田原の特産農産物。キャベツを食べよう―。「椀子わんこそば」ならぬ「わんこキャベツ」大会が21日、豊橋駅前で開かれた。大勢の若者や家族連れが見物。「キャベツは我が地域の特産なんだ」を...

「人生最後にやりたいこと」

 今年2月に29歳の若さで亡くなった小学校教諭の小田太郎さん=蒲郡市=の遺志を受け継いだ「たろう写真展」が、同市竹谷町で開かれている。父の孝さんが“終活”をしていた長男のメモ書きを見つけ、人生の最期を...

豊橋駅に流鏑馬モニュメント

 5月に行われる豊川市一宮町の砥鹿神社例大祭の流鏑馬やぶさめ神事の立体模型などが豊橋駅東西自由連絡通路に設置され、駅利用者らの目を引いている。  広域的な観光振興を目的に、豊川市観光協会が設置して6...

本殿を255年ぶり改修

 豊川市の為当稲荷神社山本行洋宮司は今年、255年ぶりに本殿の改修を行うことになり、それに伴う安全祈願奉告祭と仮殿遷座祭が15日夜に行われた。ご神体を移す遷宮は150年ぶりで、氏子総代など地元住民ら約40人...

三味線奏でる最高齢の石川さん

 豊川市御津町西方で14日、広幡神社祭礼が始まった。女性だけによる山車の囃子はやしをまとめるのは、最高齢の石川藤子さん89。30年以上も祭りに携わってきた石川さんは今年で“引退”の可能性もあるが、宵祭りで...

巻き貝「ビワカワニナ」の新種発見

 豊橋市自然史博物館の松岡敬二館長63らが、約120万年前~50万年前に堆積した滋賀県大津市の堅田層から巻き貝「ビワカワニナ」の新種5種を発見した。琵琶湖水域に生息するビワカワニナの仲間15種の進化の道筋を...

湯谷観光ホテル泉山閣が初代キングに

 新城市の湯谷温泉発展会加藤直詳会長が行った風呂の人気投票「湯めぐり総選挙」で、湯谷観光ホテル泉山閣が初代ナンバーワンに輝いた。同施設は「キングオブ湯谷温泉」の称号を名乗り、「川沿いでせせらぎを見...

路線バスdeまちめぐりガイド

 豊橋駅を発着地に市内電車やバスなどを使い、豊橋市周辺の観光スポットを巡るモデルコースを、豊橋市と豊橋観光コンベンション協会が冊子「路線バスdeまちめぐりガイド」A4判、6ページにまとめた。  コース...

高山さん東海大会へ出場

 豊川市初の女性消防士として2016平成28年度から勤務し、現在は南分署に所属する高山幸佳さちかさん23が、県消防職員意見発表会で優勝し、20日に岐阜県可児市で行われる東海支部大会に出場することになった。 ...

「豊川街ものがたり」発行

 豊川市がシティセールス推進の一環で「市勢要覧2018豊川街ものがたり」を5000冊発行した。  市制70周年を記念して制作した2013平成25年以来の発行で、より多くの人に気軽に読んでもらおうと約15分で読める28...

映像で「におい」が見える

 一般社団法人豊橋センサ協議会豊橋市天伯町雲雀ケ丘、豊橋技術科学大学内、冨田充代表理事の呼び掛けで県内外の企業4社東朋テクノロジー、アロマビット、浜松ホトニクス、日本ケミコンが設立したコンソーシア...

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク