全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マンゴー出荷開始 天城町 質、量そろった豊作

テープカットで出荷開始を祝ったマンゴー出発式=7日、鹿児島県天城町松原

 鹿児島県徳之島の天城町熱帯果樹生産組合(作山和久組合長、組合員32人)が栽培するマンゴーの出発式が7日、同町松原のほ場であった。関係者ら約50人が出席し、テープカットで今期の収穫と出荷のスタートを祝った。同組合によると、昨年は暖冬の影響で不作だったものの、今年は質、量ともそろった豊作だという。

 来賓で訪れた森田弘光町長は「豊作は行政を預かる身としてうれしい限り。徳之島の先進地として収穫に励んでほしい」とあいさつした。

 町などによると、町内全体のマンゴー農家は約50戸で、栽培面積は約5・5ヘクタール。一昨年まで生産量30トン台、生産額9100万円台を維持していたが、昨年は生産量25トン、生産額7500万円と落ち込んだ。今年は同組合の収穫分だけで26トンを見込んでおり、収穫のピークは7月下旬ごろの見通し。

 出発式の会場となったほ場を経営する新田功吉さん(68)は「今年の出来は申し分ない。消費者においしいと喜んでもらえる品を届けたい」と笑顔を見せた。

 マンゴーは同町のふるさと納税返礼品としても人気が高まっている。町によると、7月4日時点で寄付件数555件(前年比319件増)、寄付総額616万円(同309万円増)と大幅に増えている。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク