全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全国コンクールで最高賞「文部科学大臣賞」

合奏第一部門で全国優勝を果たした羽田中オーケストラ部(上)と重奏部門で演奏した3年生6人=羽田中学校で

 豊橋市立羽田中学校のオーケストラ部が、全国コンクールの合奏第一部門で2年ぶりの最高賞「文部科学大臣賞」を獲得した。昨年の重奏部門1位と合わせ、同校史上初となる3年連続“優勝校”の快挙を達成。重奏部門でも2位に輝いた。  全国の小・中学生を対象にした伝統あるコンクール「こども音楽コンクール」(CBCラジオ主催)。羽田中は、昨年11月に名古屋市であった中部日本決勝大会の両部門で優勝し、その音源で全国へ進出した。今月28日、東京都で音源審査があった。  合奏第一部門の楽曲「弦楽交響曲第7番1、4楽章」(メンデルスゾーン)は、2・3年生33人が演奏。息の合った演奏に加え、各パートの掛け合い、終盤にかけ変わる曲調が技術力、表現力を必要とする難しい曲だった。部員らは夜遅くまで自主練を重ね、技術力を高めるとともに、他パートとの練習を増やし、呼吸を合わせていった。  29日に届いた吉報に部員らは歓声を上げ、目には喜びの涙をたたえた。部長の3年菅沼春亜さん(14)は「最高賞が取れたのは支えてくれた家族やオケ部にかかわってくれた全ての人のおかげ。感謝しかない」。  3月の授賞式(東京都)で演奏することも決まった。菅沼さんは「決勝大会も最高の演奏だったが、全国優勝校として、それを超える演奏をしたい」と意気込む。   重奏部門は3年生6人が演奏。惜しくも連覇を逃したものの、第一バイオリンで副部長の小山純ノ介さん(15)は「楽しく演奏できた。あまりリーダーシップが取れず、5人には迷惑かけたが、2位が取れてうれしい」と満足げな表情を浮かべる。  同部は60年以上の歴史を持つ全国屈指の強豪校。今年度は「貫禄~質の向上~」をテーマに練習に励んできた。顧問の鈴木良輔教諭(32)は「子どもたちが努力し、苦しみながらも勝ってくれた。保護者や講師、地域の総合力でいい音楽ができたと思う。来年度も強豪校という意識をしっかり持ち、最後まで走り抜けたい」と4年連続を見据えた。

関連記事

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

宇部日報社

垂直の庭をライトアップ 臓器移植啓発

 山口市JR新山口駅の南北自由通路に設置されている「垂直の庭」が16日、臓器移植のシンボルカラーの緑色にライトアップされた。やまぐち移植医療推進財団(今村孝子理事長)主催。10月は厚生労働省が提...

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク