全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

温室は暖か、rン見頃

外より暖かく、ランも咲き始めている館内(世界を旅する植物館で)

 低気圧や前線の影響で、17日までは雨が降りやすくなっている山口県宇部地方。下関地方気象台によると、その後は高気圧に覆われるが、24日ごろからは再び寒気が入ってくる。雨や寒さを気にしなくてもいいお出掛けスポットとしてお勧めなのは、ときわミュージアム「世界を旅する植物館」。館内の気温は常に17度設定で過ごしやすく、特に特別展示室(旧ラン室)はランが見頃を迎え、これから2月末までにかけてが一年で最も彩り豊かとなる。

 カトレアをはじめ、シンビジュームやオンシジュームが咲き、同展示室に彩りを添えている。これからデンドロビュームの開花が本格化し、バンダやバルボフィラム、コチョウランなども加わる。同館チーフコンシェルジュの斎藤幸雄さんは「植物に水やりをしてすぐの開館直後は湿度も高く、来館にお勧め。外と違って館内はほんわかと暖かく、花や葉は生き生きとしていて、寒さで固まった体をリラックスさせて散策を楽しむことができる」と話している。

関連記事

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク