全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

女将監修の日本酒「月のしらべ」販売

 新城市西入船の日本料理店「清月」は、純米大吟醸酒「月のしらべ」を販売する。女将(おかみ)の青山芳子さんが「新城を代表する土産物に」と監修した。地元産の酒米と、自社にある井戸水を使った。限定50本分の予約を受け付けている。  原料は新城産の「夢吟香(ゆめぎんが)」、水は店の地下にある「清月の井戸水」を使った。精米歩合は44%。アルコール分は15度。関谷醸造で製造した。  青山さんは、「和食」が2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されたのを受け、国内外の来店客に日本酒も紹介しようと考えた。14年に行われた「第4回世界きき酒師コンクール」に出場して準決勝進出したり、日本酒資格「酒匠」の認定、酒類小売業免許を取得した。  「なめらかで上質な飲み口。すっきりとした辛口でキレが良い。うま味の余韻が残るのが特長です」と青山さん。ラベルの文字は青山さんが1つずつ手書きしている。  1本720㍉㍑で税込5600円。予約販売している。  問い合わせは清月(0536・22・0344)へ。

関連記事

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク