全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

女将監修の日本酒「月のしらべ」販売

 新城市西入船の日本料理店「清月」は、純米大吟醸酒「月のしらべ」を販売する。女将(おかみ)の青山芳子さんが「新城を代表する土産物に」と監修した。地元産の酒米と、自社にある井戸水を使った。限定50本分の予約を受け付けている。  原料は新城産の「夢吟香(ゆめぎんが)」、水は店の地下にある「清月の井戸水」を使った。精米歩合は44%。アルコール分は15度。関谷醸造で製造した。  青山さんは、「和食」が2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されたのを受け、国内外の来店客に日本酒も紹介しようと考えた。14年に行われた「第4回世界きき酒師コンクール」に出場して準決勝進出したり、日本酒資格「酒匠」の認定、酒類小売業免許を取得した。  「なめらかで上質な飲み口。すっきりとした辛口でキレが良い。うま味の余韻が残るのが特長です」と青山さん。ラベルの文字は青山さんが1つずつ手書きしている。  1本720㍉㍑で税込5600円。予約販売している。  問い合わせは清月(0536・22・0344)へ。

関連記事

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売 池田

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク