全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

チームラボのイベント開幕

デジタルアートを楽しむ来場者(ときわミュージアムで)

 デジタル技術を使ったアートで知られるチームラボ(猪子寿之代表)が監修したイベント「水の道 光の道」が9日夜、ときわミュージアム「世界を旅する植物館」で始まった。来館者は無数の光の魚たちが館内を泳ぐさまを楽しんでいる。市主催、宇部日報社など後援。11月4日まで。    久保田后子市長、猪子代表ら関係者が出入り口に掲げられた看板を除幕してオープンした。訪れた人は、熱帯アジア・アメリカゾーンの通路に映し出された魚群、ライトアップされた温室のサボテンなどを観賞。光に体を近づけ、色や動きが変わる様子に見入った。    京都から家族で里帰り中の松冨孝司さん(44)は「初日から多くの人でにぎわっており、注目の高さを感じた。いい思い出になる」。魚に手足で触れて遊んでいた娘の穂乃佳さん(6)は「魚がいっぱいできれいだった」と喜んでいた。    記念のトークショーは猪子代表、同館リニューアルに携わったプラントハンターの西畠清順さん、宇部市で絵本展を開いたことがある絵本作家で芸人の西野亮廣さんを迎えてときわ湖水ホールで開かれた。    創作活動について語り合った後、猪子代表はときわミュージアムをより良くする自由なアイデアを久保田市長に問われ、「デジタルアートに特化した展示内容にすれば、他と差別化できる。世界に前例のない植物館ができるはず」と答えた。    西畠さんは「植物は活用次第では面白い試みができる。同館を集客増の成功事例にしたい」と意欲を示した。西野さんも「近年は参加型の催しに関心が集まる。植物館は来館者が主体的に館内を巡るという点で参加を促しやすく、チャンスがある」と応じた。    「水の道 光の道」の時間は午後7時半(9月9日から7時、同30日から6時半)~10時。植物館イベントホールの作品のみ日中も観賞できる。

関連記事

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク