全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見町のマルトマ食堂

リニューアルしたレトルトカレーをPRする三浦店長

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(いまだ)店長(40)。市内のスーパーやホテル、新千歳空港内の売店などに順次、並ぶ予定だ。

 マルトマ食堂は、午前5時に開店する浜の飲食店。苫小牧港に早朝、到着するフェリー客をはじめとする観光客らの人気も集めている。

 レトルトパックは、ホッキカレーの持ち帰りを希望する客が多かったため「店に来られない人や自宅で食べたい人の声に応えよう」と商品開発に着手。試作を経て2009年2月、発売にこぎつけた。

 初年度は500食(1食250グラム)を製造。1年かけて売り切る計画で店頭などで扱っていたが、1カ月たたずに完売しており近年は年間約2万食を売る人気商品に成長した。

 リニューアルに当たってはレトルトパックを製造する、小樽市の食品製造メーカーと試行錯誤を重ね、6月29日に完成。ホッキ貝の甘みとカレーのこく、色合いなどが「店の味に近づいた」(三浦店長)という。

 内容量は変わらず、道内で水揚げされたゆでホッキ貝約50グラムを使用する。パッケージについてもリニューアルを検討したが、「黒地の高級感や未店長の父、秀夫社長の満面の笑顔も親しまれてきた」(市場関係者)とし、現状維持とした。マルトマ食堂では、1食1000円(税込み)で販売する。

 10日に第1弾として、オートリゾート苫小牧アルテンのゆのみの湯売店向けに30食を出荷。三浦店長は「10年も愛してもらえると思っていなかった。感謝を込め、さらにおいしい商品を届けたい」と話している。

関連記事

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク