全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

あま~く香るマンゴーたわわ

甘い香りを漂わせるマンゴー(白浜町内で)

 和歌山県白浜町堅田、堅田耕平さん(82)は、町内のビニールハウスで育てているマンゴーの収穫を始めた。例年より実が多くついたといい、ハウス内は甘い香りが漂っている。収穫は7月中旬から8月初旬にかけて最盛期になる。
 ハウス2棟で「アーウィン」という品種を約40本栽培している。ハウス内の温度が20度を下回らないようにしたり、日光が実にしっかり当たるよう葉をよけたりする作業を続けている。
 実はネットに入れて育てており、赤く熟れると自然に落下する。それを収穫する。1個当たりの重さは400~450グラムが多いという。
 堅田さんは「手間暇は掛かるが、毎年、楽しみにしてくれている方がいるので頑張れる。生きがいみたいなもの」と話している。収穫したマンゴーは田辺市内の産直店や自宅で販売する。

関連記事

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

十勝パンスイーツ 13日発売 「甘すぎずおいしい」

 十勝パンを創る会(中島将好会長)が開発したオリジナルパン「オドゥブレ十勝」を使ったスイーツが、13日から会員の旭屋商店(芽室)と満寿屋商店(帯広)で販売されることになった。6日には試食会が帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク