全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大玉で甘い「勘助桃」

豊橋で目ぞろえ会 4日から出荷  

 豊橋市特産の白桃「勘助桃」の目ぞろえ会が、出荷を目前に控えた1日、豊橋市石巻本町のJA豊橋第六事業所内で開かれ、農家たちが出荷できる形や大きさ、表面の傷などを確認した。春の少雨で心配された生育も順調で、4日から出荷が始まる。  豊橋ゆかりの戦国武将・山本勘助の子孫が発見したことから名付けられた「勘助桃」。大玉で甘みが強く、みずみずしいのが特徴で、JA豊橋の主力商品として市内や名古屋などへ出荷される。  農家らは、JA豊橋の選果担当者から今年の出荷基準を熱心に聞いた。桃部会の坂田至部会長(56)=賀茂町=は「天候が心配されたが、まずまずの出来。あっという間に(出荷が)終わるので、この機会にぜひ食べてほしい」と呼び掛けている。  出荷は20日頃まで続き、今年は1万3000㌔を見込む。市内では、第6事業所隣の「ゆめ彩館」などで販売される。

関連記事

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら1...

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク