全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ダム工事の伐採樹木を有効活用

設楽で薪づくり体験会

 ダム工事で排出される木の残材の有効活用を考えようと東三河森林活用協議会は3日、設楽町大納庫胡桃窪地内で薪(まき)づくり体験会を開いた。

 設楽町内では設楽ダム工事が本格化すればダム湖や関係施設建設で樹木が伐採され、幹は木材として流通するが端材や枝葉の活用策は検討中だ。  今回は国交省設楽ダム工事事務所が協力し、スギやヒノキ、ナラの木が用意され、協議会メンバーの企業が準備した薪割機で薪づくりを行った。  家族連れら約50人が参加して約20㌧ほどの薪を持ち帰った。参加者は「薪ストーブの燃料が手に入った」などと語った。  同協議会は「山の荒廃も危ぐするほか、町内で残された樹木から出る端材の有効活用も検討している。今後もイベントで周知していきたい」と話した。

関連記事

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

世界で働く極意学ぶ

東三河の魅力企業スタディープログラム  県は18日、「第2回東三河の魅力企業スタディープログラム」を県立時習館高校(高畑尚弘校長)で開いた。1年生320人が参加。2016年から実施している「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク