全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

チョコに合う梅酒販売

田辺市長野発祥の「古城梅」を使った新商品「紀州梅酒 古城 GOJIRO 甕仕込み」

 和歌山県田辺市下三栖の梅干し・梅酒製造販売「中田食品」(中田吉昭社長)は、古城(ごじろ)梅を使った新商品の梅酒を2月1日から販売する。イタリアのカカオ研究の第一人者、ジャンルーカ・フランゾーニさんと共同開発し、チョコレートとの相性が良い味わいに仕上げた。
 商品名は「紀州梅酒 古城 GOJIRO 甕(かめ)仕込み」。古城梅は同市長野発祥で、「青いダイヤ」とも呼ばれる。ジャンルーカさんは以前から、チョコレートに合う飲料として梅酒に着目。古城梅の酸味や渋みに引かれ、商品化することになったという。
 信楽焼の甕に漬け込んだり、フランス原産の塩を少量使ったりと独自の製法を用いることで、風味や味わいを深めている。アルコール分は17%。
 今年は約2千本を販売。うち半分はイタリアに輸出するなど、海外市場にも発信する。
 中田社長(58)は「古城梅の酸味、華やかな香りが楽しめるおいしい梅酒に仕上がった。チョコレートやお菓子はもちろん、お料理にも合います」と話している。
 700ミリリットル、6千円(税別)。1月25日から、同社の販売サイトや市内2カ所の直売店で先行販売する。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

荘内日報社

「つるおか麦きり」をPR

 鶴岡名物の麦きりを観光客や市民にアピールしようと、鶴岡市麺類食堂組合(菅原原組合長)と庄内そば麦切り研鑽会(菅原原会長)などは新たに、麦きり提供店舗の目印とするのぼり旗「つるおか麦きり」を作製し...

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀...

紀伊民報社

ジオバウムが完成

 和歌山県串本町の大地が育んだ特産品のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったバウムクーヘン「串本なんたんジオバウム」がこのほど完成した。27日に同町潮岬で開かれる、南紀熊野ジオパークセンターの開所式...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク