全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジャバラ果皮エキスで新商品

北山村がジャバラの果皮エキスを使って開発した新商品(北山村で)

 特産かんきつ「ジャバラ」で村おこしに取り組んでいる和歌山県北山村が、果皮エキスを使い、花粉症の抑制に効果があるとされる成分「ナリルチン」が豊富に入った栄養補助食品を開発した。ナリルチンをたっぷりと手軽に摂取できるのが売りで、村地域事業課は「主力商品の一つになれば」と期待している。

 新開発した商品は、ナリルチンを約700ミリグラム含む「じゃばらNRT―7」(約45グラム、税込み1296円)と、約3200ミリグラム含む「じゃばらNRT―32」(約190グラム、同3240円)。
 村では、数年前からナリルチンを豊富に摂取できる商品として乾燥果皮粉末「じゃばらパウダー」を販売してきたが、苦くてすっぱい、口の中に張り付いて食べづらいといった声が多かったことなどから、今回の新商品開発に取り組んだ。
 温風乾燥させた果皮などから、高濃度のナリルチンが含まれるエキスを抽出。このエキスにジャバラの濃縮果汁と蜂蜜を加え、スプーンですくって食べられる粘度に仕上げた。
 村地域事業課によると、ジャバラにはアレルギー抑制に効果があるといわれるナリルチンが豊富に含まれていることが分かっており、2008年には、岐阜大学医学部が、1日にジャバラ果汁10ミリリットル(ナリルチンで約4・4ミリグラム)を摂取するとスギ花粉症の改善に効果がみられたとの研究成果を発表している。
 「じゃばらNRT」を1回に食べる目安としている小さじ半杯(約3グラム)には約50ミリグラムのナリルチンが含まれ、これまでの商品と比べても大量のナリルチンを手軽に摂取できるという。
 同課の担当者は「来春は花粉の飛散量が多いといわれており、お悩みの方は、ぜひお試しいただければ」と話している。
 新商品は村営じゃばら村センターの通販や村内の直売所で販売している。
 問い合わせは、じゃばら村センター(0735・49・2037)へ。

関連記事

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク