全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジャバラ果皮エキスで新商品

北山村がジャバラの果皮エキスを使って開発した新商品(北山村で)

 特産かんきつ「ジャバラ」で村おこしに取り組んでいる和歌山県北山村が、果皮エキスを使い、花粉症の抑制に効果があるとされる成分「ナリルチン」が豊富に入った栄養補助食品を開発した。ナリルチンをたっぷりと手軽に摂取できるのが売りで、村地域事業課は「主力商品の一つになれば」と期待している。

 新開発した商品は、ナリルチンを約700ミリグラム含む「じゃばらNRT―7」(約45グラム、税込み1296円)と、約3200ミリグラム含む「じゃばらNRT―32」(約190グラム、同3240円)。
 村では、数年前からナリルチンを豊富に摂取できる商品として乾燥果皮粉末「じゃばらパウダー」を販売してきたが、苦くてすっぱい、口の中に張り付いて食べづらいといった声が多かったことなどから、今回の新商品開発に取り組んだ。
 温風乾燥させた果皮などから、高濃度のナリルチンが含まれるエキスを抽出。このエキスにジャバラの濃縮果汁と蜂蜜を加え、スプーンですくって食べられる粘度に仕上げた。
 村地域事業課によると、ジャバラにはアレルギー抑制に効果があるといわれるナリルチンが豊富に含まれていることが分かっており、2008年には、岐阜大学医学部が、1日にジャバラ果汁10ミリリットル(ナリルチンで約4・4ミリグラム)を摂取するとスギ花粉症の改善に効果がみられたとの研究成果を発表している。
 「じゃばらNRT」を1回に食べる目安としている小さじ半杯(約3グラム)には約50ミリグラムのナリルチンが含まれ、これまでの商品と比べても大量のナリルチンを手軽に摂取できるという。
 同課の担当者は「来春は花粉の飛散量が多いといわれており、お悩みの方は、ぜひお試しいただければ」と話している。
 新商品は村営じゃばら村センターの通販や村内の直売所で販売している。
 問い合わせは、じゃばら村センター(0735・49・2037)へ。

関連記事

長野日報社

ぽかぽかハウスでイチゴ狩り 諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田のイチゴ狩り施設「諏訪湖いちご園」の今季営業が始まった。好天に恵まれた3日は地元や県外などからの客でにぎわい、暖かいビニールハウスで甘いイチゴを頬張った。  5棟のハウス内で養液...

紀伊民報社

高校生と共同開発 ご当地バーガー販売へ

 和歌山県田辺市龍神村福井にある道の駅「水の郷日高川龍游」(指定管理者・こすげパーク振興会)内にあるレストラン「つぐみ食堂」は、南部高校龍神分校生と共同で開発していた「龍神とうふバーガー」を1月...

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集ま...

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク