全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

打ちたて新そば 道内の味競演 「北海道そば祭り」開幕 新得

できたてのそばを味わう来場者

 収穫の秋を彩る「北海道そば祭り」(実行委員会主催)が29日、町保健福祉センターなごみ前駐車場を主会場に始まった。2日間の日程で町内外14のそば打ち愛好グループやそば店が出店する。初日から多くの人でにぎわい、各地の「とれたて」「ひきたて」「打ちたて」「ゆでたて」の新そばを堪能した。

 北海道150年事業として、恒例の「第17回しんとく新そば祭り」と併催。期間を2日間に拡大し、町内10団体、管外からは4団体が出店している。

 紋別市の北海道そばは、オホーツク海産高級ズワイガニの天ぷらをトッピングしたそばを売り出した。全国一の産地として知られる上川管内幌加内町そば活性化協議会では、地元育成品種ほろみのりを提供した。町内団体もそれぞれ個性を出し、一丸で「新得そば」をアピール。各店前には長蛇の列ができ、来場者は心ゆくまで新そばの食べ比べを楽しんだ。函館市から訪れた公務員古矢武士さん(54)は「新得そばは風味、コシが強くておいしい。なかなか手に入らないので、そば粉も買って帰りたい」と話していた。

 30日は午前10時~午後3時。そばを使った菓子やデザートを販売する「そば茶屋」、共働学舎新得農場のチーズなど特産品が並ぶ売店コーナーも。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク