全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

打ちたて新そば 道内の味競演 「北海道そば祭り」開幕 新得

できたてのそばを味わう来場者

 収穫の秋を彩る「北海道そば祭り」(実行委員会主催)が29日、町保健福祉センターなごみ前駐車場を主会場に始まった。2日間の日程で町内外14のそば打ち愛好グループやそば店が出店する。初日から多くの人でにぎわい、各地の「とれたて」「ひきたて」「打ちたて」「ゆでたて」の新そばを堪能した。

 北海道150年事業として、恒例の「第17回しんとく新そば祭り」と併催。期間を2日間に拡大し、町内10団体、管外からは4団体が出店している。

 紋別市の北海道そばは、オホーツク海産高級ズワイガニの天ぷらをトッピングしたそばを売り出した。全国一の産地として知られる上川管内幌加内町そば活性化協議会では、地元育成品種ほろみのりを提供した。町内団体もそれぞれ個性を出し、一丸で「新得そば」をアピール。各店前には長蛇の列ができ、来場者は心ゆくまで新そばの食べ比べを楽しんだ。函館市から訪れた公務員古矢武士さん(54)は「新得そばは風味、コシが強くておいしい。なかなか手に入らないので、そば粉も買って帰りたい」と話していた。

 30日は午前10時~午後3時。そばを使った菓子やデザートを販売する「そば茶屋」、共働学舎新得農場のチーズなど特産品が並ぶ売店コーナーも。

関連記事

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク