全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

生マグロなどの販売拠点として23日にオープンする「勝浦漁港にぎわい市場」(那智勝浦町で)

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を販売したり、解体ショーを披露したりするなどし、新たな食の観光スポットとしての役割を目指す。堀順一郎町長は「町全体の活性化につなげたい」と話している。

 施設は、同町築地7丁目にある勝浦地方卸売市場の横に建設。木造平屋で床面積は442・54平方メートル。地方創生拠点整備交付金を活用して建てた。本体工事費は1億3150万7千円。市場への出店者でつくる一般社団法人「那智勝浦まぐろブランド推進協会」が指定管理者として運営する。  施設には、新鮮な生マグロや地元の野菜、水産加工品などが並ぶ直売コーナー、マグロ料理やすしなどを販売するテナントコーナー、その場で食べられるウッドデッキの飲食コーナー、マグロの解体ショーを披露するイベントコーナーを備える。開館時間は午前8時~午後3時で、火曜定休。  堀町長は「ただ単に施設にお客さんを呼ぶのではなく、町全体にお客さんを呼び込む拠点。勝浦漁港で水揚げされた新鮮なマグロを食べていただいて、その後は町中に繰り出してもらうための拠点にしていきたい」と話している。

■23日にイベント

 23日にはオープン記念式典とオープニングイベントを開く。午前9時から記念式典があり、10時からマグロ料理や物産などの販売を開始する。  アンパンマンショー(午前11時からと午後2時から)や新宮市熊野川町出身のシンガー・ソングライター丸石輝正さんのライブ(午前11時半~)、ダンスなどのステージパフォーマンス(午後0時から)、もち・菓子ほり(午後3時から)などを予定している。  問い合わせは、町観光企画課(0735・52・2131)へ。

関連記事

荘内日報社

世界の課題と鶴岡の食文化 フーデェヴァーでイベント「パネル展」

 世界の課題と鶴岡の食文化を考えるパネル展が18日から、JR鶴岡駅前の「つるおか食文化市場フーデェヴァー」で始まった。  国連が定めた「持続可能な食文化の日」(6月18日)に合わせて、世界のユネスコ食...

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。  印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時...

県民カレッジが開講 受講生22人、薬膳料理学ぶ

 「やいま 再発見!」をメーンテーマとした2018年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座(沖縄県教育委員会主催)が10日、開講した。同日午前、第1回講座「食べる健康 島野菜で長夏のかんたん...

長野日報社

舌で感じる諏訪の地酒 きき酒選手権地区予選

 県酒造組合諏訪支部(林新一郎支部長)は7日夜、「2018年アマチュアきき酒選手権大会諏訪地区予選会」を諏訪市大手の飲食店「鳥せん」で開いた。諏訪地方の日本酒愛好者ら40人が参加。自慢の舌で味...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク