全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「憧れの賞、喜びの渦」 十勝在住・河崎秋子さん直木賞

 第170回直木賞を受賞した十勝管内在住の河崎秋子さん(44)は17日夜、都内で会見した。「喜びの渦に巻き込まれた」と吉報が届いた心境を述べ、「憧れだった直木賞を受賞し、本当にうれしい。直木賞受賞作家として、現実をどのように見て何を残していくのかを改めて考え、研さんを重ねていきたい」と語った。

直木賞を受賞し記者会見場で撮影に応じる河崎さん(中央)。右は芥川賞の九段理江さん、左は直木賞の万城目学さん

 受賞作「ともぐい」は、14年ほど前に書いた物語を肉付けして誕生した作品と説明。「文章表現は未熟だが、こういうものを書きたいというクリエーティブな欲求が詰まっていた。経験を経た中で読む人のことを考えて物語を作り直せ、なおかつ最初の原動力を再現して書き上げられ満足している」と話した。

 北海道で酪農や綿羊飼育に従事し、クマに近い場所で暮らした経験から、クマが出そうな場所は五感で感じ取っていたという。その経験と猟師など先人の言葉を結び付け、圧倒的な文章力として物語の中で再現。選考委員からは「熊文学」と評された。

 子どもの頃から本が好きで、本を通して社会や世界を知る経験を重ねてきた。「自分が感銘を受けたように、読んでくれた人の心に何かを届けられたら」と願う。「まだまだ北海道で調べたいこと、掘り出したい物語がある」とし、今後も道内を拠点に活動する考えを示した。

 選考会当日の朝は十勝の自宅で迎えた。「落ち着けず、気をまぎらわせようと朝一番にスコーンを焼いた。朝ごはんに食べ、身も心も満たしてから飛行機で東京入りした」と明かし、会場を和ませた。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク