全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

信玄ゆかりの「諏訪法性兜」特別展示 長野県下諏訪町の諏訪湖博物館

昨年5月に引き続き特別展示として公開されている武田信玄ゆかりの「諏訪法性兜」=下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館

 長野県下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館は、同館所蔵の「諏訪法性兜(すわほっしょうのかぶと)」の特別展示を行っている。”戦国時代最強の武将”として語られる武田信玄(1521~73年)ゆかりのかぶととして知られる。普段はレプリカが展示されているが、昨年の大河ドラマで信玄のかぶととして登場し注目を集め、実物を見たい-との声が多く寄せられた。好評だった23年5月の大型連休に続いて公開。2月12日まで。

 同館によると、信玄は諏訪大社の諏訪明神を「軍神」として深く信仰。軍旗に諏訪神号旗(じんごうき)を用いたほか、神社へ領地を寄進したり、神事を再興したりして諏訪信仰の保護に尽くした。諏訪法性兜の伝来はよく分かっていないが、諏訪神社の神職家に伝わったという。

 かぶとの素材は鉄、革、木など。正面には木製の鬼神が付く。ヤクの毛の飾りが特徴。幅約40センチ。江戸初期に集成された「甲陽軍艦(こうようぐんかん)」にも記載が見られる。

 特別展示に合わせ、江戸中期や大正時代に描かれた信玄像のパネルも掲示。江戸時代になると歌舞伎や浄瑠璃の演目「本朝廿四孝」(ほんちょうにじゅうしこう)の中で、信玄の息子・勝頼の許嫁・八重垣姫(やえがきひめ)が諏訪法性兜に祈りをささげ、諏訪湖を渡る場面が描かれ、”信玄のかぶと”として広く庶民に知られるようになったという。法性兜と八重垣姫を描いた浮世絵のパネルも展示している。

 同館学芸員の太田博人さんは「時代ごとにかぶとへの評価や見方は異なるが、見る人の感性でいろいろと感じてほしい」と話している。

 月曜休館。午前9時~午後5時(入館は同4時30分まで)。問い合わせは同館(電話0266・27・1627)へ。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク