全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代山本の産地で年越し用のそば作りピーク

年の瀬が近づき、年越しそば作りが最盛期を迎えている(能代市戸草沢で)

 大みそかに1年間を振り返りながら食べる年越しそば。能代山本のそばどころの能代市鶴形や八峰町峰浜石川、三種町志戸橋の各地区ではそば作りがピークを迎えている。
 このうち、同市戸草沢の鶴形そば製造加工(小林秀彦代表取締役)では25日に年越しそば作りを開始し、約30人体制で連日作業に励む。11月末までに予約があった約4万6千食分を年内に出荷する予定で、地元住民や産直施設、スーパーに届けるという。
 江戸時代から続く鶴形そばは、そば粉だけで作る十割そば。地区で栽培したソバと、青豆で作った豆乳を使用し、手打ちにこだわっている。
 毎年、一部の予約を断らざるを得ないほど忙しく、作業場では、生地を練り延ばした後、均等な太さで切り、麺をゆでるなど、手際良く作業を進めている。
 今年は大雨や猛暑、クマの食害などで、ソバの収穫量は例年の半分以下の不作だった。小林代表は「品質は良く、皆さんにおいしく食べてもらおうと心を込めて作っている。鶴形そばを食べる人が良い年を迎えられるように頑張っていきたい」と話した。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク