全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

三種町「橋本五郎文庫」で13周年イベント 著名人が多数出演、650人来場

フリーアナウンサーなどがトークショーを繰り広げた「橋本五郎文庫」の開設13周年記念イベント(三種町鯉川で)

 三種町鯉川にある「橋本五郎文庫」の開設13周年記念イベントが27日、文庫が入るみたね鯉川地区交流センターで行われた。浜鯉川集落出身で読売新聞特別編集委員の橋本五郎さん(77)と親交のあるアナウンサーの羽鳥慎一さん(53)や西尾由佳理さん(46)、作家の宮部みゆきさん(63)ら著名人が出演、テレビ番組の裏側や書評などについて2部構成のトークショーを繰り広げた。県内外から約650人が訪れ、盛り上がりを見せた。

 橋本五郎文庫は、橋本さんの母校であり平成21年3月で閉校した鯉川小校舎を活用して23年4月29日に開設。橋本さんの蔵書2万冊寄贈をきっかけに、地域の住民が本の仕分けなどを一から学びながら整備した手作りの文庫だ。
 同センター体育館で開かれた開設13周年記念イベントでは、運営委員会の近藤實会長が「蔵書は4万7千冊になった。今後も誰でも気楽に利用できる文庫を目指していきたい」とあいさつ。同町の「長信田太鼓」の力強い演奏で幕を開けた。
 第1部は、情報番組「モーニングショー」キャスターの羽鳥さん、フリーアナウンサーの西尾さん、橋本さんの3人によるトークショーが行われた。昨年の周年イベントにも出演した羽鳥さんは、長信田太鼓のメンバーとの再会に「去年とは見違えるようになっていた」と、たくましさを増した若者の姿を喜んだ。視聴者に情報を届けるアナウンサーという職業について、西尾さんは「いま何を丁寧に伝えるべきかを常に考えている」と語り、羽鳥さんはさまざまな出演者が多様な意見を発する番組進行に関して「(偏りが生じないように)フォロー、フォローの毎日です」と言って来場者を笑わせた。
 第2部では、読売新聞の書評欄を担当する現・元の読書委員と記者ら15人が登壇し、最古参の読書委員でもある橋本さんとトークショーを展開。このうち、直木賞作家の宮部さんは「専門はミステリーだが、書評の担当を始めた頃は慣れなくて、内容を書き過ぎて“ネタバレ”してしまうと思い、慌てて書き直したことが随分あった」といったエピソードを披露。橋本さんは「何十年かけて書き上げられた本もある。書評に当たっては作家の思いを理解するために徹底して読み込んでいる」と語った。
 会場は約650人の来場者で、立ち見もできた。能代市二ツ井町飛根の山谷伸朗さん(77)は、宮部さんの大ファン。持参した本にサインをしてもらい、「気さくでさっぱりした人だった。言うことは的を射ているし、さすがだと思った」と感激した様子。五城目町の主婦の二田洋子さん(78)は「橋本さんと初めて会って、あいさつできてうれしい。謙虚な人で、話も分かりやすかった」と話した。
 最後にあいさつに立った橋本さんは自らの名前を冠にした古里の図書館について、「私は本を送っただけで、橋本五郎文庫はみんながつくってくれた。私にとって、何よりの誇り。(住民らが)無償の愛をささげてくれ、この文庫がある」と感謝の言葉を述べた。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク