全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

”頂点”目指して 「大芝の湯」にVC長野応援タワー 長野県南箕輪村

タワーに並べる瓶にデザインを施す中野竜選手(左)と南箕輪村開発公社の原賢三郎社長

 長野県南箕輪村を拠点にバレーボールVリーグ男子1部(V1)で戦うVC長野トライデンツの今季開幕戦に合わせ、同村大芝高原の温泉施設「大芝の湯」に電飾の応援タワーがお目見えした。タワーは21段あり、「頂上目指し勝ち星を重ねて」との期待を込め、訪れたファンに応援メッセージを書いてもらった空き瓶を並べて完成させる計画だ。

 アウトサイドヒッターとしてVC長野で2季目を迎え、村の地域おこし協力隊でもある中野竜選手(25)と、大芝の湯を運営する村開発公社の原賢三郎社長(45)が企画。中野選手らが5月に同施設内にオープンさせたファンとの交流スペース「グロッテの湯」の中央に陣取った。

 名称もチームマスコットの名前にちなんで「グロッテタワー」と命名。高さは中野選手のスパイク時の打点とほぼ同じ約3.5メートル。LED電球がチームグッズなどが並ぶスペース内を明るく彩る。

 同公社は以前から、VC長野を応援する「グロッテプリン」を販売。チームのホームゲームでも取り扱っている。今回は大芝の湯でこのプリンを購入した希望者に空き瓶を別に渡して、絵や文字などを自由にデザインしてもらい、タワーに並べていく。開幕戦当日の21日から始める。

 「このタワーはてっぺんのイメージがある」と中野選手。早速、原社長とともに瓶にデザインを施して並べ「多くの人に応援のメッセージを寄せてもらえれば、選手みんなの大きな力になる」と、勝ち星と瓶が同じように多く積み重なるよう期待を込めた。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク