全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

「鶴公園」開園65周年感謝デー 観光客らおもてなし【釧路市】

 「鶴公園」として親しまれている釧路市丹頂鶴自然公園(鶴丘112)は27日、1958年8月27日の開園から65年を迎えた。記念イベント「開園65周年感謝デー」を同園で行い、タンチョウ折り鶴セットのプレゼントや、職員による園内ガイドなどで来園者をもてなした。

 同園はタンチョウと間近に触れ合える施設として市民や観光客に親しまれてきた。一方で、鶴公園にはタンチョウ保護という役割があり、開園以来60羽以上のふ化、育雛に成功している。

 この日は夏らしい好天となり、園内ガイドは午前11時と午後1時からの2回行った。午前の部では観覧通路を歩きながら、園内のA~IまでのゲージのうちFまでを同園飼育スタッフの福山裕教さんが案内。このうち、Fに居る雄のエクは縄張り意識が強く、人が近づくと、いつものように頭を真っ赤にして威嚇していた。

 長野県から夫婦で訪れた鵜飼良郎さん(70)は「フェリーを使って苫小牧で降りた時、蒸し暑くていつもと空気が違った。釧路は少し風が涼しいかな」。室蘭から新婚旅行で知床、網走、根室と道東を巡ってきた竹下翔也さん(22)、祐衣さん夫婦は「室蘭も30度を超す暑さ。きょうは風が吹いていて涼しい。開園記念の日で園内ガイドも体験できてラッキーでした」と笑顔を見せていた。

 同園管理棟では31日まで、高橋良治名誉園長にまつわる特別展示を開催中。数々のタンチョウの写真や、開園からの歩みを記したパネル、タンチョウの餌、家系図、ふ化の様子を解説した写真などが展示されている。要入館料。時間は午前9時~午後6時。問い合わせは同園0154(56)2219へ。

飼育スタッフ福山さん(左)の園内ガイドを楽しむ旅行客ら

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク