全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

茅野市のコーネルさん 農業大学飼育の豚で生ハム商品開発 長野県

八ケ岳中央農業実践大学校の放牧豚で試作した生ハム。「良さが出せた」と話すコーネルさん

長野県茅野市米沢で医療機器の輸入販売を手掛けるロバートA・コーネルさん(58)は、八ケ岳中央農業実践大学校(原村)が飼育する「放牧豚」を使った生ハムの商品開発に乗り出した。製造は飲食店経営、食肉食品加工の情熱大陸(茅野市)が手掛け、昨年12月に初商品となる肉を仕込んだ。順調に仕上がれば今年の秋口には発売する予定。同大の放牧豚を使った初の加工商品でもあり、「地元から徐々に販路を広げて地域の特産品として育てたい」(コーネルさん)としている。

コーネルさんは米国ワシントン出身。学生時代、父の出張に付いて日本を訪れ、魅力を感じ、語学を習熟するため1987年に移住。勤め先会社から部門独立して「シカゴ東京メディカル」を創業した。5年前から同市内に居を構え、本社機能も都内から移した。

生ハムの商品化は、本業に対しては異分野ながら「諏訪の乾燥した気候は、常温で数カ月~数年間の熟成が必要な生ハム作りに好適」(コーネルさん)とあって、懇意にする都内飲食店主にも背中を押されて挑戦した。

実践大の「放牧豚」はアニマルウェルフェア(動物福祉)に基づく飼育方法を研究するために2020年夏から飼育を開始。ストレスのない環境に放し、一般の豚舎飼育より長い期間かけて大きく育て「臭みがなく、うまみが乗った赤みの多い肉質になる」(佐藤衆介同大畜産部長)という。

コーネルさんは地元精肉店の紹介でこの豚肉と出合い、おいしさと質の良さにほれ込んで原料に採用。約1年間がかりで完成させた試作品は「放牧豚の肉質の良さを生かせた」と自信を深めた。製造元・情熱大陸の中崎茂男社長も「地元の素材を地元で加工した生ハムは珍しい。本格的な味、ご当地性ともども八ケ岳山麓のアピールに貢献できるのでは」と期待する。

コーネルさんは商品化に向けて自社内に「農業事業部」を立ち上げ、「放牧豚の餌の確保から協力したい」と意欲的。佐藤部長も「地元で有効に使っていただきとてもありがたい。力を合わせて肉質向上を目指せたら」としている。

関連記事

釧路新聞社

初夏の屋外で食楽しむ きょうまでキッチンカー催事

 釧路市役所防災庁舎前広場できょうまで、釧路市と釧路町に拠点を置くキッチンカーが集まる「くしろキッチンカーEXPO」(北海道キッチンカー協会主催)が開かれている。初日となった夏至の21日は、市民や...

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は...

マンゴー、パイン全国へ 夏の味覚シーズン到来 宮古郵便局でゆうパック出荷式

宮古郵便局(保久村昌治局長)で19日、「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が行われた。職員や生産農家、航空関係、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜んだ。出荷式は...

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク