全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

巫女の舞、優美に 須賀神社で神前神事

巫女の舞を奉納する上南部中学校の3年生3人(和歌山県みなべ町西本庄で)

 和歌山県みなべ町西本庄の須賀神社(前芝弘知宮司)で9日、秋祭りの神前神事が営まれた。新型コロナウイルスの影響により規模を縮小し、3年連続で競(くらべ)馬行事や獅子舞の奉納はしなかった。巫女(みこ)の舞は昨年に続き奉納した。
 巫女の舞は地元の上南部中学校3年の人目茉柚さん(14)、前田和可奈さん(15)、松本彩佳さん(14)が務めた。昨年、2年ぶりに再開したものの、新型コロナにより人数制限し、通常なら中学生全学年を対象に希望者を募るところを3年だけに絞ったために1人だった。今年は3人に増えた。
 神事には神社の責任役員や地区の総代、やぶさめ会や奉賛会の代表ら計22人が参列。初めに本殿前で、巫女3人が優美に舞った。
 続いて前芝宮司が祝詞を上げ、参列者全員が順番に玉串をささげ、豊作や地域の発展を祈った。長引く新型コロナの早期終息も祈願した。各地区の代表には、地域のお守りと特別御幣が授けられた。
 秋祭りは県無形民俗文化財に指定されており、前芝宮司は「新型コロナは最初に比べれば収まりつつあるが、まだまだ続いている。文化財を継承するためにも今年こそはと思っていたが、縮小の形となった。来年には盛大に開ければと思う」、秋祭り保存会の硲恭弘会長(77)も「3年続いて神前式のみとなり残念。忘れられてしまわないか心配になる」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク