全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

しらす自販機登場 地元産を24時間販売

しらすの自動販売機をアピールする増田文彦さん(和歌山県田辺市磯間で)

 和歌山県田辺市磯間の海産物製造販売「増富」が、店先にしらすの自動販売機を設置した。すぐ目の前の海で水揚げしたしらすが、24時間いつでも購入できる。店主の増田文彦さん(44)は「極上の磯間産しらすを多くの人に味わってほしい」と話している。

 磯間産のしらすは、広げた網をほとんど人間の力だけでゆっくりと引き上げて漁獲する伝統的な漁法で、鮮度が高いことで知られる。水揚げ量は年により変動があるが、20年前と比べると大幅に減少しているという。
 増田さんは「しらすはシーズンが限られる。水揚げ量も日によって異なり、店頭で販売する生しらすや釜揚げしらすは、1~2週間待ちになることも多い。自販機のしらすは水揚げ後すぐに急速冷凍している。年間を通じて販売できるのが強み」と話す。
 増富ではオンライン販売に力を入れている。自販機で販売するしらすのパッケージには、オンラインストアやインスタグラム、公式ラインのQRコードを表示。インスタグラムではしらす料理のレシピも紹介している。
 「自販機はこれまでと異なる客層にも磯間産しらすを知ってもらうための入り口。まだまだ知られていない魅力を全国に発信し、ブランド価値を高めたい」と意気込んでいる。
 自販機で購入できるしらすは5種類(いずれも100グラム×2)。「生」「釜揚げ」とも磯間産が1500円、その他産が千円。つくだ煮は千円。

関連記事

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク