全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

カラフルすだれ 干し餅作り最盛期 能代山本

寒さに当てて干し餅を乾燥させる農家(三種町で)

 能代山本の農村部で、干し餅作りが盛んに行われている。厳寒期に仕込む昔ながらの保存食で、作る人は少なくなってきているが、産地直売所などで今なお人気を集めている。手間と時間を要する作業だが、農家が自然の力を生かして製造に励んでいる。

 かつて冬場の保存食として各家庭で重宝された干し餅。自家製造する家庭は減ったが、産直では根強い人気があり、会員の農家がそれぞれこだわりを持って製造。遠方に暮らす親戚や知人に「古里の味」として発送する消費者もいる。
 三種町山本地域は干し餅作りが盛ん。同町外岡の内藤テツ子さん(76)は、15年ほど前から本格的に作り始め、今冬は今月上旬から取り掛かった。
 材料はほとんどが自家生産。もち米を蒸してついた後、シソやヨモギ、ビーツ、コハゼ(ナツハゼ)、紅花などの材料や砂糖を入れて手でこね、木のだしに入れる。3日ほど置いて硬くなってから切り、ひもで編んだ後、屋外で一晩冷え込みと風にさらし、さらに1カ月ほど倉庫の中で乾燥させる。天気予報や作業の段取りに注意を払いながら慌ただしく進める。
 倉庫内では緑や紫、ピンクなど色とりどりの干し餅がつるされ、圧倒的な量で冬の農村部ならではの光景を演出している。
 干し餅は同町森岳のじゅんさいの館で2月20日ごろから販売。毎年完売する人気ぶりで、内藤さんは「天気や時間との勝負で、うまくいく時もあればいまひとつの時もあるが、今年は寒さが十分で、よく仕上がっている。手間はかかるが、お客さんがいるので楽しみながら頑張っている」と笑顔を見せた。

関連記事

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク