全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

本多さんの書に栄誉

聖句をしたためた受賞作品(右)と賞状を手にする本多さん(中央は自作のアートフラワー)=君方のリラで

 豊川市為当町にある順明会デイサービス「君方のリラ」(松井君枝所長)に毎週通い、同僚利用者たちに書道を教える本多美子さん(88)=同市在住=は、書道歴80年という元気なおばあちゃん。日本国際書法連盟(本部・台湾)が今夏、クアラルンプールで催した第25回「マレーシア国際書法連展」に応募して見事、第5席に当たる名誉顧問賞に選ばれた。  美子さんは足助町生まれ、豊川育ち。「唐紙に大書をしたためていた」という祖父にならって筆を握り、当時発刊されていた全国児童新聞・競書会では、小学1年の時から毎月のように入賞していたという。60年ほど前に洗礼を受け、毎週日曜、市内のキリスト教会に通っている。「神様の御力で、不思議にスーッと筆が動くんです」。   今回受賞した作品は、詩篇(旧約聖書)の一節で「あなたのみ言葉は 吾が足のともしび わが道の光です」としたためた。美子さんが最も好きな聖句だという。  9月23日にあった表彰式(ANAインターコンチネンタルホテル東京)には、長男でジェイビーホーム社長の本多一義さん(64)らと一緒に出掛け、賞状など受け取ってきた。同行した松井所長は、「いつもパワフル。アートフラワーも得意。一緒にいて楽しいおばあちゃんです」とほめる。美子さんは「これからも(神様を信頼して)なるべく今のままで生きていきたい」と話していた。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク