全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖いちご園 元日にオープン 長野県諏訪市

1月1日の開園に向けて熟すイチゴ

 長野県諏訪市豊田の諏訪湖いちご園が1月1日に今期の営業を始める。3シーズンぶりに摘み取り、食べ放題(30分間)を再開する予定で、正月3が日はすでに予約で定員が埋まり客足は好調。ハウス内では赤く熟したみずみずしい実が来園者の訪れを待っている。

 ハウス5棟、約7千500平方メートルの水耕プランターで「あきひめ」を主に約4万5千株を栽培する。今年は7月から苗づくり、9月に定植をし、11月中旬から出荷用の収穫が始まった。「粒はやや小ぶりのものもあるが、甘みが乗って食味は上々」(同園)という。

 ここ2シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で営業制限に観光客減、燃料の高騰と厳しさが続いただけに、同園の小泉明生さんは「今季こそ通常営業に戻れたら」と願いを込める。毎年、元日の初摘みを楽しみにする家族連れも多く、「感染症への警戒はまだまだ解けないが、広い園内でおいしい実をほおばって新年を健康で過ごしてもらえたら」と開園準備に励んでいる。

 予約可能な入園日は4日以降で、開園期間は6月下旬まで。営業時間は午前10時~午後3時、無休。予約の申し込み、問い合わせは同園(電話0266・53・5533、午前10時~午後3時)へ。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク