全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

八峰町特産の生薬と名水使用 「白神癒楽里麦酒」商品化

八峰町のハタハタ館が提供している「白神癒楽里麦酒」

 八峰町八森の八森いさりび温泉・ハタハタ館は、町内で生産しているカミツレと道の駅・はちもりに湧く「お殿水」で造ったクラフトビール「白神癒楽里(ゆらり)麦酒」を販売している。上品な味わいが特徴で、「華やかなカモミールの香りとコクを楽しんでほしい」とPRしている。
 同町は、稲作に依存しない農業の推進や休耕農地の解消を目的に生薬栽培に着目。平成24年に漢方薬メーカーなどでつくる東京生薬協会と「生薬の栽培の促進に関する連携協定」を結び、27年度から農家のほ場でカミツレやキキョウを栽培している。
 ハタハタ館は地元産の生薬を使った特産品の開発を通し、「生薬の里・八峰町」の認知度を高めるとともに土産品の品ぞろえを強化したいと、一昨年からカミツレやキキョウの根を使った商品を開発。元年はカミツレを使ったハーブティー「白神癒楽里茶」、昨年はキキョウの根を使用したあめ「桔梗の根のあめっこ」を販売した。
 クラフトビールは、県総合食品研究センター(秋田市)にある県醸造試験場で8月にカミツレの乾燥花の配合量を1、3、5、8、10㌘それぞれで試し、ハタハタ館の担当者は「8㌘がカミツレの風味を程よく感じ、女性も飲みやすいだろう」と8㌘の配合を決めた。
 羽後麦酒(羽後町)で10月に製造を始め、今月9日に完成。ハタハタ館の宿泊者の夕食時や宴会時に提供しているほか、売店でも販売している。内容量は330㍉㍑でアルコール分は4・5%。価格は1本880円(税込み)。
 担当者は「今後は他の生薬や地元産のコメなどを使ったビールも開発し、セット販売もしてみたい」としている。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク