全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”販売始まる

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえたら」と話している。

YATACOLAを持つ鈴木俊将さん

 クラフトコーラは、製法や材料などを独自に工夫し「手作り感」を楽しむもの。作り手の個性や地域性などが反映され、自宅でも簡単に作れることから近年、年代を問わずブームになっている。

 YATA COLAを開発したのは、同市中京田で農業を営むティーズファクトリー(鈴木敏徳代表)取締役の鈴木俊将さん(30)。アルコールが苦手な俊将さんは、コロナ禍で在宅時間が増えたこともあり、昨年からクラフト飲料に熱中。県内外から取り寄せたコーラを堪能しているうち、地元鶴岡でも本格的なクラフトコーラを、と思うようになった。

 「試しに東京のクラフトコーラを飲んでみたが、スパイスが効きすぎて辛かったので、どの年代も楽しめるコーラを作りたいと思った」と話す。昨年12月から開発を進め、鶴岡市錦町のフレンチ店「ナチュラリテ」の遠藤和彦シェフや同市大宝寺のスイーツ店「オーボナクイユ」の丸山孝一シェフなど、地元シェフの協力で、今月初めに完成した。

 香りと風味豊かな10種類のスパイスに黒糖やショウガなどを加え、苦味や甘味、辛さをブレンド。ライムとレモンの酸味を加え、誰でもごくごく飲める、すっきりとした味わいに仕上げた。俊将さんおすすめの割り方は、炭酸水や牛乳、お湯など。商品名の「YATA」は、蜂子皇子を出羽三山に導いたとされるヤタガラスからとった。

 1本375ミリリットルで税込み1980円(約12杯分)。ネットや市内の物産店などで販売し、市内の飲食店ではメニューとして提供している。

 注文は商品のホームページ(https://yatacola.tsuruoka.city/)から。問い合わせはティーズファクトリー=電0235(25)1856=へ

地元の農家とシェフで作ったクラフトコーラ「YATACOLA」

関連記事

長野日報社

寒さもうなぎで乗り切る 岡谷市発祥「寒の土用丑の日」近づく 長野県

長野県岡谷市発祥の「寒の土用丑の日」(24日)を控え、市内のうなぎ料理店や川魚店からは、かば焼きの甘い香りが漂っている。長引く新型コロナウイルス感染症の影響で店側には厳しい状況が続くが、関係者は...

荘内日報社

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナル..

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ...

荘内日報社

鳥海山のライス型 ジオパーク発信 光陵高生製作 「遊佐カレー」盛り付けに

 鳥海山の山容を立体的に模したご飯に風味豊かなルーを合わせ、遊佐町特産のパプリカなどをトッピングして仕上げる「遊佐カレー」のご飯を、簡単きれいに盛り付けることができる「鳥海山型ライス型」を県立酒田...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク