全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コロナを吹き飛ばせ ゆらてぃく市場「ゴーヤーの日」で特売

「ゴーヤーの日」にちなみ、1本58円で石垣島産ゴーヤが販売された=8日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場

 5月8日の「ゴーヤーの日」に合わせ8日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場(赤池進店長)は同店舗で島産ゴーヤを1本58円で販売し、旬の夏野菜をPRした。JAの八重山地区ゴーヤー生産部会(大泊良克会長)は、2021年度の県外出荷目標として過去最多の60㌧に定めた。

 同イベントは例年、八重山農林高校生によるゴーヤ苗配布、八重山調理師会の料理試食会を実施してきたがコロナ禍のため中止し、特売のみ行った。

 特売は午前10時すぎにスタート。300本のゴーヤを1家族5本限定とし、1袋1本ずつ販売。市民や観光客らが次々に購入していった。

 生産部会の美里清矩副部会長は「農家が愛情を込め、太陽の光を浴びたゴーヤをたくさん食べて、夏バテもコロナも吹き飛ばして」と買い物客に呼び掛けた。

 「ゴーヤをシリシリにして、かつお節としょうゆをかけて食べたい」と笑顔を見せる武田律子さん(47)=登野城=は4本購入し、「夏になって湿度が高くなると体がゴーヤを求める。天ぷらや、ゴーヤチャンプルーにもしたい」と話した。

 関係者によると、ことしのゴーヤ栽培は1~2月の寒波が影響して収量減の可能性もあったが、3月に盛り返し、出荷量は例年並みを見込む。20年度の県外出荷目標50㌧に対し、実績は約56㌧と目標を達成。部会の農家数は35人で、栽培面積2.5㌶。農家、面積ともに増加傾向にあるため、21年度の目標を高めに設定している。収穫シーズンは5~7月。

関連記事

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク