全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本未記録の「ガ」確認 「シキナミヒトリモドキ」と命名 青木一宰さん採集

青木さんが採集したシキナミヒトリモドキ(提供)

 八重山の昆虫を調査研究している青木一宰さん(58)=登野城=が採集したガがこのほど、日本未記録の「ヒトリモドキ」の一種であることが確認された。和名はしきりに打ち寄せる波目のような翅模様にちなんで「シキナミヒトリモドキ」と名付けられた。

 青木さんは昨年5月25日、採集仲間とともに野底林道で夜間採集を行っていた。明かりをともすライトトラップを設置していたところ、仲間の鍵山智美さんが個体を発見。報告を受けた青木さんは見た瞬間に「これは日本未記録だ」と確信し採集した。後日専門家に問い合わせ、未記録ということが確認された。

 採集したのはメスの個体で翅を広げた大きさ(開帳)は70㍉。在来種ではなく中国南部から南風に乗って飛来した偶産ガとみられる。国内未記録のガは年に数種類確認されているが、開帳10~20㍉サイズの種が多く、これほど大きな種の未記録は珍しいという。

青木一宰さん

 青木さんは「興奮した。約25年採集を続けてきたがうれしかった瞬間のベスト3に入る」と喜びをにじませ、付けた和名についても「定着してほしい。多くの人に使っていただけたら」と期待した。  県営バンナ公園世界の昆虫館の円谷悦造館長(71)は「よっぽど幸運でないと未記録の採集は難しい。私が採ったら3日間は泣いて喜ぶレベル。本当にうらやましい」と話した。

 普段はチョウを中心に採集している青木さん。「これを機にガを一生懸命採集しようかと思うくらいうれしかった。今後の目標はまだ成し遂げていない未記録のチョウをとること。健康のうちは採集を続けたい」と笑顔を見せた。

 青木さんは今月発売された『月刊むし』(むし社)4月号でシキナミヒトリモドキについての報文を発表。標本は今後、研究施設に収蔵する予定。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク