全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大樹初の「地ビール」 小麦とイモ原料 本格販売へ

 JA大樹町青年部(半谷勇人部長、部員50人)は、大樹産の小麦やジャガイモを原料とした地ビール「大樹のしずく」を完成させた。澄川麦酒醸造所(札幌市)が約300本(1瓶330ミリリットル)を醸造。同青年部が今年度から始めた試験的な取り組みで、来年度以降は大樹初の地ビールとして本格的に販売する考えだ。

大樹産小麦やジャガイモを原料とした地ビール「大樹のしずく」を手にする高松さん

 同青年部副部長で高松農場(町拓進)を営む高松佑樹さん(30)が昨年4月、同醸造所の地ビール醸造家畠山雅之さんと知り合ったことがきっかけ。「コロナ禍で青年部活動ができない中、新たな商品として大樹産原料でビールを」との機運が高まり、同農場で生産した小麦18キロ、ジャガイモ「インカのひとみ」10キロなどを原料とした。同農場ではビール用に初めてホップ作りにも挑戦した。

 これらの原料に町外産の大麦やホップを加えて醸造。高松さんの知人がラベルのイラストを担当し、1月中旬に完成した。

 「ベルジャンホワイト」と呼ばれるベルギースタイルの小麦のビールで、アルコール度数は5%。ホップの香りが広がった後にほんのりとイモの後味が残る。

 製造したビールは青年部員や同JAの役職員らに配った。同醸造所が営む札幌市内の飲食店で飲むことができるほか、同醸造所(011・807・4565)に問い合わせれば購入できる。1瓶800円(税別)。

 同醸造所は豊頃産の小豆や大麦でも地ビールを醸造。畠山さんは「十勝はビールの副原料がたくさんあり、魅力的な地域」と話している。

 高松さんは「おいしいビールができてうれしい。原料の6割ほどが大樹産。次は町花の食用コスモスをフレーバーに加えて、より大樹色を出せたら」と話し、「来年度以降は生産本数を増やす。町内の飲食店や道の駅で販売し、ふるさと納税の返礼品にも使ってほしい」と意気込んでいる。

関連記事

紀伊民報社

おうち時間にいかが 「バナナ梅酒」発売

 全国的なバナナジュース人気を受け、和歌山県田辺市下三栖の梅干し・梅酒製造販売「中田食品」(中田吉昭社長)は、バナナ果汁入りの梅酒を開発した。3月1日に発売する。  商品名は「とろこくバナナ姫...

「牛肉巻きごはん」清水の新名物に レシピ考案コン

最優秀賞に大塚さん  清水町のチーズを使い、新たな名物料理を生み出すレシピ考案コンテスト(十勝毎日新聞社主催)の最終審査会が19日、町中央公民館で開かれた。49作品の応募の中から、1次審査を通過し...

「鳥せい」家庭で味わって 門外不出の味付け肉 福原が販売 十勝

 スーパーマーケットチェーンの福原(帯広市、福原郁治社長)は、十勝のソウルフード「鳥せい」の門外不出の味を家庭で楽しんでもらおうと、パック入りの鳥せい味付け肉を商品化し、一部店舗で販売を始めた。数...

児童が「エゴマだんご」開発

設楽名倉小5年生7人  設楽町立名倉小学校の5年生児童7人が、稲作地帯をアピールするため、和菓子「エゴマだんご」を開発した。地元で栽培されるエゴマを、あんや皮に使う。13日から3月31日まで、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク