全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒井家庄内入部400年 公式ロゴマーク選定 一般投票スタート!!

 2022年に迎える旧庄内藩酒井家の庄内入部400年記念事業を展開する鶴岡市の実行委員会は18日、事業のPRに活用する公式ロゴマーク選定に向けた一般投票を始めた。一般公募のデザインから審査会で「A」「B」「C」の最終候補3作品を選定。最多得票を最優秀のロゴ採用作品とする。投票は3月18日(木)まで受け付け、市民に限らず誰でも投票できる。

ロゴマーク一般投票の最終候補「A」「B」「C」の3作品

 先月まで行われた一般公募には県内外から181点が寄せられた。中山ダイスケ東北芸術工科大学長を委員長とする実行委の審査会が最終候補作品を選定した。

 「A」は旧庄内藩主酒井家初代・忠次公の鎧兜(よろいかぶと)と太陽をモチーフにした。「B」は米を運んだ北前船を配して米どころ庄内を表した。「C」は400の文字をモチーフに忠次公の鎧兜、米を計る枡(ます)などを組み合わせた。いずれの作品にも酒井家の家紋「かたばみ紋」がデザインされている。

 一般投票は3作品の中から1点を選んで1人1票を投じることができ、①酒井家庄内入部400年記念事業実行委員会公式ホームページの投票フォーム②郵送またはファクス③鶴岡市役所と各地域庁舎に配置する投票箱への投函―のいずれかで受け付ける。投票者の中から抽選で100人に実行委が記念品を贈る。投票箱のそばに投票用のチラシを置くほか、市内のコミュニティセンターや地域活動センター、市の各公共施設にも投票用チラシを配置する。

 投票結果は3月下旬に発表予定。採用作品については、実行委が実施する事業を広くPRするため、各種印刷物や関連グッズ、関連商品などに使用していく。問い合わせは、実行委事務局の市政策企画課・400年記念事業推進室=電0235(25)2111、内線526=へ。

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク