全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幕別の新米 今年も販売 管内スーパーなどで数量限定

限定商品の幕別産ななつぼしをPRする食創社員ら。右端は竹森社長

 米卸道内大手の食創(帯広市、竹森直義社長)は、十勝管内で数少ないうるち米生産者が栽培した新米「幕別産ななつぼし」を今年も11日から管内のスーパーなどで数量限定で販売する。竹森社長は「コロナ禍で恒例の体験行事を中止するなどPRが思ったようにできなかったが、食味もよい。ぜひ味わって」と話している。

 同社では2017年から幕別町猿別地区の農家内野康晴さんが栽培する「ななつぼし」を全量買い取り、自社商品として販売してきた。販売だけでなく、昨年までは親子田植え・収穫体験を実施し、米栽培を身近に感じてもらう取り組みも行ってきたが、今年はコロナ禍で中止とした。

 内野さんは今年も93アール分を栽培、食創は学校給食提供分を除く昨年比1.2倍の約5.1トンを仕入れた。竹森社長は「町内でうるち米栽培農家は3軒ほどしかない。畑作中心の十勝でも米が作られていることを地元の人たちに知ってほしい。来年以降も応援販売は続けたい」としている。

 2キロ袋で希望小売価格は1000円(税別)。2500袋限定。藤丸やダイイチ、ハピオ木野などで販売する。

 問い合わせは食創(0155・23・1311)へ。

関連記事

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は...

マンゴー、パイン全国へ 夏の味覚シーズン到来 宮古郵便局でゆうパック出荷式

宮古郵便局(保久村昌治局長)で19日、「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が行われた。職員や生産農家、航空関係、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜んだ。出荷式は...

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカ...

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク