全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幕別の新米 今年も販売 管内スーパーなどで数量限定

限定商品の幕別産ななつぼしをPRする食創社員ら。右端は竹森社長

 米卸道内大手の食創(帯広市、竹森直義社長)は、十勝管内で数少ないうるち米生産者が栽培した新米「幕別産ななつぼし」を今年も11日から管内のスーパーなどで数量限定で販売する。竹森社長は「コロナ禍で恒例の体験行事を中止するなどPRが思ったようにできなかったが、食味もよい。ぜひ味わって」と話している。

 同社では2017年から幕別町猿別地区の農家内野康晴さんが栽培する「ななつぼし」を全量買い取り、自社商品として販売してきた。販売だけでなく、昨年までは親子田植え・収穫体験を実施し、米栽培を身近に感じてもらう取り組みも行ってきたが、今年はコロナ禍で中止とした。

 内野さんは今年も93アール分を栽培、食創は学校給食提供分を除く昨年比1.2倍の約5.1トンを仕入れた。竹森社長は「町内でうるち米栽培農家は3軒ほどしかない。畑作中心の十勝でも米が作られていることを地元の人たちに知ってほしい。来年以降も応援販売は続けたい」としている。

 2キロ袋で希望小売価格は1000円(税別)。2500袋限定。藤丸やダイイチ、ハピオ木野などで販売する。

 問い合わせは食創(0155・23・1311)へ。

関連記事

荘内日報社

学校創立120周年 庄農伝統の味リメーク! 乳酸飲料「ニューピス」 女生徒2人..

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長、生徒149人)の女子生徒が、58年前から同校で作り続けている乳酸飲料「ニューピス」をリメークした。今月29日に行われる学校創立120周年の記念式典で「庄農伝統の乳酸飲料...

老舗豚丼店「ぱんちょう」復活 帯広駅前に26日

 帯広の老舗豚丼店「ぱんちょう」が26日、約1年2カ月ぶりに創業の地(西1南11)で営業を再開する。築50年が経過していた店舗の建て替えのため、仮店舗で営業を続けていた。新店舗は以前の雰囲気を...

長野日報社

信州そば店 スマホでチェックイン 振興会が食事券など当たるイベント 長野..

伊那市のソバ生産者とそば店などでつくる「伊那そば振興会」は、市内にある16のそば店を巡り、アンケートやクイズに答えると食事券や割引券が抽選で当たる「そば屋にスマホdeチェックインラリー」を23...

紀伊民報社

ジビエの生ソーセージが好評 1年余で1万9千本販売

 和歌山県古座川町月野瀬にある食肉処理加工施設「古座川ジビエ 山の光工房」が製造販売している、シカとイノシシの肉を使った生ソーセージの売れ行きが好調だ。マイスターというドイツの国家資格を持つ森田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク