全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 帯広の平和園

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同レベルを再現した」(新田社長)という。25日にも立ち上げる自社ECサイト=QRコード=限定で全国販売する予定。

ECサイトの目玉として開発した「炙り気分」をPRする担当の桜庭俊幸さんと小黒豊本店長(右から)

 道産霜降りタン、道産上サガリ、トントロ、豚カルビ、トリモモ(いずれも道産)、羊スペアリブのセット。タンやサガリなどは塩ベース、豚カルビなどは自社ダレの味付け。

 下味をつけた肉をオーブンで火入れし、専用機「ブラストチラー」で急速冷蔵後、真空冷凍した。網でさっと温める程度で本格的な焼き肉を味わえる。薬味も自家製七味など3種用意。専用の焼き台付で7980円(肉430グラム入り、肉のみは5980円、送料別)。

 新型コロナウイルスの影響で来店できない顧客が増加していることを受け、今春からECサイトと目玉となるオリジナル商品の開発を進めてきた。

 ECサイトは、専用サービス「BASE」を活用。自社HP上から利用できる。EC部門の売り上げを3年後には10%にまで高めたい考え。

 新田社長は「手作り感と原料にこだわり、火入れや厚みなどを何度も試した。あぶって食べて、肉のうま味と軟らかさに驚いてもらえるはず」と話している。問い合わせは本部事務所(0155・25・0665)へ。

関連記事

「濃い」豆乳飲料できた! 帯広農業高校発「マメトペ+」

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たち...

帯広畜産大学構内に「碧雲蔵」ショップオープン

 帯広畜産大学構内の酒蔵「碧雲蔵」の商品を購入できるショップと蔵内の製造風景を見られる見学室が18日午前、同蔵内でオープンした。同蔵の銘柄のほか、地元の書道家八重柏冬雷さんが手掛けたラベルの書...

カレーパングランプリで最高金賞

豊橋のベーカリーショパン「牛肉ゴロっと匠のカレーパン」  豊橋市と浜松市に店を構えるパン店「ベーカリーショパン」の人気商品「牛肉ゴロっと匠のカレーパン」が、「カレーパングランプリ2020...

ばん馬ぱん 力作食べて コンテスト受賞作品8日限定販売 帯広

 ばんえい競馬にちなんだパンのデザインを公募した「ばん馬ぱんコンテスト」(NPOとかち馬文化を支える会主催)の受賞作品5種類が、8日限定で帯広競馬場内のとかちむらで販売される。各30個で売り...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク