全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 帯広の平和園

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同レベルを再現した」(新田社長)という。25日にも立ち上げる自社ECサイト=QRコード=限定で全国販売する予定。

ECサイトの目玉として開発した「炙り気分」をPRする担当の桜庭俊幸さんと小黒豊本店長(右から)

 道産霜降りタン、道産上サガリ、トントロ、豚カルビ、トリモモ(いずれも道産)、羊スペアリブのセット。タンやサガリなどは塩ベース、豚カルビなどは自社ダレの味付け。

 下味をつけた肉をオーブンで火入れし、専用機「ブラストチラー」で急速冷蔵後、真空冷凍した。網でさっと温める程度で本格的な焼き肉を味わえる。薬味も自家製七味など3種用意。専用の焼き台付で7980円(肉430グラム入り、肉のみは5980円、送料別)。

 新型コロナウイルスの影響で来店できない顧客が増加していることを受け、今春からECサイトと目玉となるオリジナル商品の開発を進めてきた。

 ECサイトは、専用サービス「BASE」を活用。自社HP上から利用できる。EC部門の売り上げを3年後には10%にまで高めたい考え。

 新田社長は「手作り感と原料にこだわり、火入れや厚みなどを何度も試した。あぶって食べて、肉のうま味と軟らかさに驚いてもらえるはず」と話している。問い合わせは本部事務所(0155・25・0665)へ。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク