全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

井上井月の新句見つかる 長野県伊那市

井月の新句が貼り込まれた貼交屏風を見る井上井月顕彰会の北村皆雄会長(左上)

 伊那市西町の花と器・小道具の店「草の音」が取り扱う貼交屏風から、伊那谷ゆかりの漂泊の俳人井上井月(1822~87年)の新句が見つかった。短冊に書かれた句は井月の真筆で、全集には記載がない。10日に同店を訪ねた井上井月顕彰会の北村皆雄会長(77)らが確認した。

 井月研究の第一人者で顕彰会副会長の竹入弘元さん(88)=同市荒井=が、井月の真筆で新句だと鑑定。短冊には「短か夜をふみぬくあしや旅労」と書かれているという。

 いつ、どのような経過で詠まれた句なのかは不明だが、字体から、後期のものとみられる。びょうぶには井月の句を含めて12点の句や書、日本画が貼られており、地元の作家のものが集められているという。「取り扱っている商品の中に井月の句があり、新句ではないかと調べていた」と同店。びょうぶは既に買い手が決まっている。

 「新編 漂泊俳人井月全集」(井上井月顕彰会発行、2018年刊)には既刊の全集発行後に見つかった新句を含む1741句を収録しているが、新編発刊後も新句の発見が続いている。北村会長は「世代が変わり、先代、先々代の持ち物を見直したり、処分したりするようになっているのかもしれない。新句はまだいろいろなところから出てくると思うが、何らかの形で記録していきたい」と話した。

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク