全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サケの遡上悠々と【標津】

 

魚道水槽で力強く泳ぐシロザケやカラフトマスを見学する来館者

秋サケのシーズンを迎え、標津サーモン科学館(町北1、市村政樹館長)の魚道水槽では、標津川を遡(そ)上(じょう)してきたサケ・マス類が、来場者の目を楽しませている。

 同館では標津川につながる魚道水槽を毎年9月1日に開通し、遡上した秋サケを始め多様な魚類を真横からガラス越しに観察できる。しかし、今年は秋サケが少なく、標津川の水量が少ないことなどが原因で遡上するサケなどを目にすることが難しかった。

 同館によると、前日に降った雨の影響で11日は遡上するカラフトマスやシロザケの数が増加したといい、魚道水槽の中を悠々と泳ぎ、時折ジャンプして水しぶきを上げる力強い姿が見られた。東京都から初めて来館したという40代男性は「野生の荒々しさやたくましさを感じ、とても勉強になった」と目の前の光景に見入っていた。

 市村館長は「例年よりもサケの数は少ないが、これから遡上のピークを迎えるので、ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。遡上の展示は10月30日まで。その後、11月にはサケの産卵行動の展示に移行する。また、サケ・マス類の遡上を真上から観察できる標津川の観覧橋も8月22日から開放している。問い合わせは同科学館0153(82)1141へ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク