全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サケの遡上悠々と【標津】

 

魚道水槽で力強く泳ぐシロザケやカラフトマスを見学する来館者

秋サケのシーズンを迎え、標津サーモン科学館(町北1、市村政樹館長)の魚道水槽では、標津川を遡(そ)上(じょう)してきたサケ・マス類が、来場者の目を楽しませている。

 同館では標津川につながる魚道水槽を毎年9月1日に開通し、遡上した秋サケを始め多様な魚類を真横からガラス越しに観察できる。しかし、今年は秋サケが少なく、標津川の水量が少ないことなどが原因で遡上するサケなどを目にすることが難しかった。

 同館によると、前日に降った雨の影響で11日は遡上するカラフトマスやシロザケの数が増加したといい、魚道水槽の中を悠々と泳ぎ、時折ジャンプして水しぶきを上げる力強い姿が見られた。東京都から初めて来館したという40代男性は「野生の荒々しさやたくましさを感じ、とても勉強になった」と目の前の光景に見入っていた。

 市村館長は「例年よりもサケの数は少ないが、これから遡上のピークを迎えるので、ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。遡上の展示は10月30日まで。その後、11月にはサケの産卵行動の展示に移行する。また、サケ・マス類の遡上を真上から観察できる標津川の観覧橋も8月22日から開放している。問い合わせは同科学館0153(82)1141へ。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク