全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

歳月の流れに飲まれ 被災地からの漂着物、いまだ 東日本大震災から9年半

岩手県宮古漁業協同組合所有と思われる漁業用コンテナ=11日午後、石垣市崎枝の海岸

 今月に入り、石垣市崎枝と川平の海岸で、東日本大震災被災地からの漂着物が相次いで確認された。岩手県宮古漁協協同組合(JF宮古)所有と思われる漁業用コンテナ、「釜石 魚市場」と表記されたプラスチック製のかご。2011年の震災発生から11日で9年半。発見者は「あれから9年半、歳月の流れを感じる」と話した。

 御神崎に近い崎枝の海岸には漁業用コンテナが打ち上げられていた。長さ1.5㍍、横1.1㍍、高さ70㌢。「平成17年度水産経営活性化対策事業 JF宮古 宮古漁業協同組合 303」と印字されている。サンゴが付着し、一部破損もあった。

 JF宮古の魚市場担当者によると東日本大震災で流された可能性が高い。「303」の数字はコンテナの識別番号を意味するとみている。これまで、JF宮古の漁業備品が米国ハワイ州に漂着した報告はあるが、沖縄県内で確認された事例はないという。

「平成17年度水産経営活性化対策事業 JF宮古 宮古漁業協同組合」と書かれている=11日午後、石垣市崎枝の海岸

 コンテナを発見した野村靖寛さん(47)=崎枝=は「台風9号が過ぎ去った今月初旬に海岸を散歩していたら見つけた。こんなに身近な場所で震災漂流物を目の当たりにするとは。正直驚いている」と一点を見つめていた。

 川平底地ビーチでは海岸清掃時にプラスチック製のかごが確認された。底が割れるなどボロボロの状態だった。発見した市内在住の福本真弓さん(40)は「震災という衝撃的な出来事からもう9年半経過した。時間の早さを感じる」と話した。

「釜石 魚市場」と書かれたプラスチック製のかご=11日午後、川平底地ビーチ

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク