全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

生育、収穫作業ともに平年並み【釧路】

 

刈り取った牧草を集めてロール状にし、ラッピングする作業(6月24日、釧路市山花)

 釧路総合振興局は6日、農作物の生育と農作業の進展状況(7月1日現在)を公表した。牧草(一番草)は生育、収穫作業ともに平年並みに推移している。  牧草の収穫作業の始まりは平年より3日早い6月17日で、全体の40~50%となる収穫期は平年より1日早い28日。同局農務課では「最低気温がそれほど下がらなかったので平年並みに推移しているが、6月下旬以降雨が多く、刈り取りが進んでいない地域もある」と話している。

 その年最初に収穫する牧草は「一番草」と呼ばれ、その善し悪しが乳量や乳質に影響を与える。栄養分の高いタイミングで収穫することが重要だが、雨が降ると乾かせないため収穫が遅れる。  このほかの作物では、秋まき小麦とバレイショが平年並み。テンサイとトウモロコシ(サイレージ用)は平年より3日早く推移している。    

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク